これからの結婚式はご祝儀制?会費制?

披露宴演出_サンドアート
結婚式、というと 北陸では「ご祝儀制」をイメージする方が多いと思いますが、 最近では「会費制」も増えている印象があります。 今日はそれぞれにどんな違いがあり、 どんなふたりにマッチするのか、 そして今後このスタイルはどうなっていくのか 私たちなりにご紹介します!

 ご祝儀制について

招待されたゲストがお祝いとして自主的にご祝儀を持参する形です。
一般的には友人で3万円
親族で5万円ほど包むと言われます。

ホテルや専門式場、ゲストハウスなど
フォーマルな場所で行われる場合が多く、
フルコースを用意し、非日常の中でおもてなしをし
引出物を用意するスタイルが一般的です。

ゲストへの「おもてなし」をしっかりしたい!
というおふたりには支持されていますし、
昔からあるスタイルですので
ゲストに親戚やご上司の方が多い場合は、
ご祝儀制ウェディングは
違和感なく受け入れられているのが現状かと思います。

 会費制について

新郎新婦など主催者側が会費を設定し、
ゲストは受付で会費を支払います。
会費の相場は
1万円~2万円と言われています。
ご祝儀と比べると、ゲストにとって負担は少ないですね。

場所はレストランなどカジュアルな場所が選べれやすく、
お料理はカジュアルにビュッフェスタイルの場合も多く、
引出物は用意せずに、お帰りの際にプチギフトを渡す程度です。

友人が中心の場合や、たくさんの人に気軽に来てほしい場合に向いていますね!

また会費制は海外挙式アフターパーティーの需要もとても多いです。
ただ注意したい事としては
海外挙式+パーティーの場合、
衣装・ブーケ・カメラマンなど
両方で必要になってしまう場合も・・・。

海外挙式を手配されたところがプロデュース会社だった場合、
お得にパーティを行える式場やプランを紹介される場合も。
もし自分たちで会場を探す場合は、
ドレス等の持ち込みについて契約前に確認することをオススメします。

 

 まとめ

現在は「ご祝儀制」が一般的のように感じますが、

アフターパーティーが増えたり
「ゲストに負担をかけたくない」
という気持ちのふたりが増えたり
堅苦しい結婚式より、
自由でカジュアルな結婚式がしたいというふたりも増え、
「会費制」は今後もう少し増えていくように感じます。

良し悪しはべつとして
paypayや電子マネーで会費を払うなんで時代は
すぐそこまで来ているのかもしれませんね。

「ご祝儀制」「会費制」
どちらが良いという答えはありませんが、

固定観念にとらわれず
「何のために結婚式をするのか」
「どんな人を招待して、どんな時間を過ごしたいのか」
ふたりでじっくり考えて出した答えの積み重ねが、
ふたりらしい、ふたりなりの
結婚式のかたちになると思っています。

【情報提供元】
ウエディングエージェンシー
神奈川県横浜市中区元町1-50 元町PASEO201
TEL:045-680-5553
11:00~19:00(水曜定休)
公式ページ https://www.wedding-agency.jp/
blog https://wedding-agency.jp/magazine/
instagram https://www.instagram.com/yokohama_weddingagency/

  • コメント: 0

関連記事

  1. スカイランタン_purfume_披露宴演出

    perfumeのcmで話題沸騰!披露宴演出にぴったりのスカイランタンとは

  2. 結婚式 オススメ

    プロが教える!ウェディングweb媒体の上手な使い方👰

  3. 結婚式 入籍

    入籍や結婚式にオススメ「天赦日」

  4. 結婚式 カメラマン

    結婚式の「スナップカメラマン」絶対プロがオススメの理由📸

  5. 結婚式 プランナー

    結婚式打ち合わせ「時期」と「回数」

  6. 結婚式 持込

    結婚式の持込料のナゾ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。