ウェディングプランナーの役割「一貫性」「分業制」✍️

結婚式 プランナー

「ウェディングプランナー」というと、「結婚式を作り上げる」というイメージがあると思います。ただ実は、
・初めて式場に見学に来る新郎新婦をご案内する
・ご決定の手続きをする
・決定後、結婚式当日まで打ち合わせをする
・結婚式当日、結婚式を取り仕切る
といったことに対して、1人のウェディングプランナーが行う式場や、担当を分けて複数のウェディングプランナー・スタッフが行う式場など、さまざまです。今日はそういったウェディングプランナーの役割・仕事分担についてご紹介します。

「担当一貫性」

これはゲストハウスやレストランでとられている場合が多く、式場見学の際の施設案内から申込み手続き、結婚式までの打合せ、結婚式当日のアテンドまで、1人の担当者がつくスタイルで、引継ぎなどもなく安心感があることが一番の良さです。ただし懸念事項としては、週末は結婚式本番の仕事があるプランナーさんがほとんどのため、打合せは基本的に平日でお願いされる場合も多くあります。

「分業制」

これはホテルや専門式場でとられている場合が多く、式場見学の案内担当は、申込み手続きまでを担当し、結婚式までの打合せは違う担当者がつきます、さらに結婚式当日は、サービス専門の担当者がつくというスタイルです。引継ぎの心配もありますが、打合せ担当者は、当日を作り上げるプランニングに特化した仕事をしているため、提案力が優れている方も多いと言われていたり、サービス専門の担当者は多くのサービススタッフを取りまとめることに慣れていたりと、専門性が高いからこその利点もあります。

どちらも「良さ」と「心配」があることは確かです。
イマドキは、就職する際に「給与・待遇」と同じくらい「社風・人」を見て就職先を決めると言われています。周りの社会人のほとんどは人間関係に頭を悩ませている訳ですから、当然ですよね。だから結婚式場に関しても、式場のスペックが大きく変わらないなら、プランナーの人柄を見て、選ぶことも多いはずです。
だからこそ、こういった役割分担や体制について知らずに成約し、残念や不自由な思いをすることのないよう、あらかじめしっかり確認してから成約をすることをオススメします。

【情報提供元】
ウエディングエージェンシー
神奈川県横浜市中区元町1-50 元町PASEO201
TEL:045-680-5553
11:00~19:00(水曜定休)
公式ページ https://www.wedding-agency.jp/
blog https://wedding-agency.jp/magazine/
instagram https://www.instagram.com/yokohama_weddingagency/

  • コメント: 0

関連記事

  1. スカイランタン_purfume_披露宴演出

    perfumeのcmで話題沸騰!披露宴演出にぴったりのスカイランタンとは

  2. 結婚式 オススメ

    プロが教える!ウェディングweb媒体の上手な使い方👰

  3. 結婚式 入籍

    入籍や結婚式にオススメ「天赦日」

  4. 結婚式 カメラマン

    結婚式の「スナップカメラマン」絶対プロがオススメの理由📸

  5. 結婚式 プランナー

    結婚式打ち合わせ「時期」と「回数」

  6. 結婚式 持込

    結婚式の持込料のナゾ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。